ベラジョン 適法性

日本での、オンラインカジノのプレイは違法ではないのか?

 

と心配する方もいると思います。

 

 

このページでは、オンラインカジノの適法性と信頼できるオンラインカジノの選び方を解説していきます。

 

●日本での適法性

まず、オンラインカジノは、日本では合法なのかという部分が一番の注目点だと思います。

これは、オンラインカジノの運営会社(サイトが入っているHDDの設置場所)の運営場所と許可証の有無、日本での遊ばれかたによります。

 

オンラインカジノの運営場所は、今はまだ日本国内では違法になってしまいます。

でも、海外では、合法と認められた国がありますので、それらの国で運営されていてなおかつその国のライセンスを取得しているオンラインカジノは合法的に運営を行っていると認められます。

 

次に、日本国内で、その合法的なオンラインカジノをプレイした時には、適法性があるのか?違法性があるのか?

 

ここが大きな論点になっています。

これは、個人的に楽しむことは違法ではないという見解です。

これは、実際に逮捕された人が、裁判で争った結果、不起訴になったことから

違法性がないことを裁判所が認めたことによります。

 

日本の賭博法とは、胴元を厳しく取り締まるためにある法律で、遊んでいた人よりその賭場を開いた人が厳しく罰せられるのが通常なんですが、その件でのオンラインカジノ自体は、合法的なオンラインカジノでした。

 

なので、日本政府はオンラインカジノ自体を罪に問うことができないんですね。

その状態で、遊んでた人たちだけ、国内で遊んでいたという理由で賭博法で処罰しようとします。

ですがここで、遊んでた人より胴元の方が罪が軽い(というか罪にも問えていない)ということが賭博法の趣旨に反するという論理で争ったところ、不起訴となったそうです。

 

しかしこれは、個人的に楽しむ場合のみです。

インカジと呼ばれる、国内のネットカフェで、その店の店員、店主とのお金のやり取りがあると罰せられるので(チップに交換、遊んだ後に換金なども同様です)、そのようなところでは遊ばないようにしてください。

 

●合法なオンラインカジノ

合法のオンラインカジノの見分けかたとして、まず第一にチェックするべきなのは、オンラインカジノが合法である国の政府のライセンスを取得しているかです。

 

世界には、約200の国と地域がオンラインカジノが合法で、ライセンスを発行しています。

そのライセンスを取得するには、その国や地域に会社の拠点を置き、厳しい審査に通ったオンラインカジノであるため信頼できるオンラインカジノ だと言えるでしょう。

 

また、ライセンスを取得したら審査は終わりということではなく、オンラインカジノは定期的に監視されており常にゲームの公平性を見張ってくれているシステムでもあります。

 

ライセンスは、証書の形で発行されていますので、オンラインカジノの公式サイトで、「運営社情報」や「ライセンス」などのページをチェックしてみてください。

 

またトップページにもライセンスのシンボルとなるエンブレムの画像を表示しているサイトが多数なので、わかりやすくチェックできることが多いと思います。

 

 

●第三者機関の認証

これは、必須ではないのですが、第三者機関は、対象となるオンラインカジノ とは関係のない独立した機関なので、公平な監査を行うことができます。

 

代表的な第三者機関として、eCOGRA、GLI、TSTが挙げられます。

これらの認証もライセンスと同じようにトップページなどに表示されているのでライセンスと一緒にチェックすると、信頼度の指標になります。